<< 裏オリジナル小説 「 星らヲ才苗くノヽカゝ<‘ }人形 」 39 | main | 裏オリジナル小説「 星らヲ才苗くノヽカゝ<‘ }人形 」 40 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


  • 2011.04.10 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

オリジナル小説「からくり人形は星を描く」 53

携帯から読まないでください。


------------------------------------


53

今回の仕事である“亡霊の声を道標に子供が消え行く”は、実際にあのあたり一体に音が流れていたらしい。
それはいわゆるモスキート音と呼ばれる周波数が高く若者しか聞こえない音だったらしい。僕と一つ下の烈火はあのように特殊な耳の持ち主だったからすぐさま聞こえ、不快感を表したように頭を抑えた。


ちなみに、聞こえる年代は双子と同じ10歳前後だと烈火は言っていた。
本当に音が流れていたから、噂が真実である可能性もあったので、その後の処理は暁がなんとかするらしい。
しかし、仮定としては猫が動いていて子供に見えたとか迷う中で森の中で誰か居るように見えた、など考え出したらきりがない。
あと、昼間になって実際にその場所にいった時雨はラジカセを発見したと言っていた。
それは念入りに壊してもらったが何にしても悪質ないたずらだ。
ちなみに、物の怪に関しては今回は噂の真偽が分からないのに猫をいじめる事は出来ないと猫愛好家二名(烈火と空羽)により却下となった。
今回の事件についての説明はそんなところらしく、ぶっちゃけた話をすると僕が寝ている間に色々とすんでいた。
置いてかれた気もしなくもないが、後始末をしてくれたのだから感謝すべきところなのだろう。ちなみに今は食事もすませてお昼寝には最適な午後2時で隣にいる暁と男二人で外に出ている。空羽の時や双子のときには気がつかなかったけど、もしかすると変な情景なのかもしれない。
しかし、これも仕事のうちだ。居候の僕がどうこう言える問題じゃない。
何処に向かっているかというと僕も一切不明。暁が着いたよっと楽しそうな声で言った。
改めて場所を見渡すと、そこはなんともミステリアスな雰囲気だった。というか肝試しだ。


「墓場・・・?」

「そうだよ、はかるん!そういえば双子の時にびびったらしいね!ふふ、怖いかい?怖いかい?ちなみに今回は“呪われし墓に行くと足をなくした幽霊が足をとりにいく。”っていうものさ!怖いかい?怖い??もし怖くても悲鳴はあげちゃ駄目だよ!そんな事でもされたら矢の様に烈火と時雨が俺様暁様を殺しに来るからさ!ってこんな場所で縁起でもないね。埋葬の手間が省けるとかおもっちゃ駄目だよ!」


そう言いながら暁は僕の手を強引に引いて数あるお墓をくぐりぬけて一番新しいであろう墓の前で止まる。

まったく双子は口が軽い。とは言ってもこの程度で怖がる僕ではない。
大人しく墓の前でじっとする。気のせいか温度も低く湿っている。
昨日とはまた違った陰湿さがある。


「あぁ、ちなみに今回はもう解けてるんだ。噂屋なめんな。みたいな?みたいな?りゃりゃ、かっけぇ事言っちゃったかい?お?はかるん、その様子はもう蛇に絡まれている感じだね。でも、残念答えはそれじゃないんだぁ!答えは土だよ、この墓の前だけ地盤がゆるくてネェ。ほらゆるゆるやわらかい〜。、」


暁はそう言いながらわざとらしく笑う。、
まさかのスピード解決だ。というかこんなに早く終わって言いのだろうかと疑問を浮かべたが、それどころじゃなかった。

完全に足をもってかれている。
もちろん幽霊のせいとかそんな非科学的な話ではない。
暁の言うとおり僕の片足には生ぬるい蛇の感触が絡まり地盤がゆるいせいで抜け出せないのである。自由な片足を動かそうとしても土が重たくて動かない。
靴の間に土が入りなんとも気持ち悪い。服の上からでも土の感じがあって僕は思わず鳥肌が立つ。
暁の方をみるといつになく僕のほうを見下している。いや、違うこれは・・・・!
僕が状況を理解し悲鳴をあげようとした時には既に遅かった。そう、遅すぎたのだ。


「はかるん、じゃあね。」


にこやかに笑う男を見ながら僕だけが地面に引っ張られていった。
何故、僕だけがという疑問はすぐさま浮かんだが回答が出る前に僕は土まみれとなっていた。

 



スポンサーサイト


  • 2011.04.10 Sunday
  • -
  • 19:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
サイト
裏ブログ
初音ミク
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
sponsored links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
JUGEMのブログカスタマイズ講座